電話:06-6636-1182
天王寺駅、阿倍野駅、大阪阿部野橋駅、徒歩5分

大阪市阿倍野区 大阪市天王寺区 歯科 小児歯科 歯周病  歯周外科 インプラント 審美歯科

診療案内

天王寺駅のはた歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

 

Mobile Site 左のQRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

一般歯科

むし歯・歯周病治療。
普段皆さんが歯科医院で行う治療はほとんどこちらになります。

大人の歯は、親知らずを除き、上の歯と下の歯をあわせて28本あります。
年をとっても歯が20本残っていれば、入れ歯を使わないで食事を楽しめるといわれていますが、80歳以上で歯が20本以上残っている人は約10%しかいません。なぜなら、年齢が上がるにつれてむし歯や歯周病によってだんだんと歯が失われてしまうからです。
歯が抜ける原因の約40%がむし歯、約50%が歯周病だといわれており、歯が抜けるのを防ぐには、むし歯や歯周病の予防や治療が大切なのです。

歯が悪くなったら来る歯医者ではなく、悪くなる前に来る歯医者を目指しています。
歯の歯科検診を行い、歯の予防を心掛けましょう。

小児歯科

歯の状態は、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。

当院ではそれぞれのお子様の性格を理解した上で根気よく且つ慎重な治療を受けて頂ける様努めております。
恐がる事はありません。安心して治療を受けに来てください。

歯周病治療

歯周病は放っておくと歯を失ってしまう病気です。
歯を支えている骨や歯肉等の組織が細菌に感染したり、病気を引き起こす原因となります。

  • こんな症状が出たら・・・
  • 口臭が気になる。
  • 歯を磨く時、歯茎から出血する。
  • 歯がグラグラする感じがする。
  • 歯茎が赤くはれたり痛む事がある。
  • 歯茎からウミが出る。
  • 歯と歯の間に物がよくはさまる。

詳しくは歯周病治療のページへ

料金についてはこちら

 

インプラント治療

永久歯が抜けてしまうと、二度と歯は生え変わりません。
今までは歯が抜けると「入れ歯」を使用するか、ブリッジといわれる”被せもの”をするのが通常の方法でした。
しかし、「入れ歯」だと、うまく噛めない、言葉がうまく発音できない、使用している間にガタついて違和感を感じたりするなど、いろいろ不自由な場合がありました。

「インプラント治療」は耐久性、噛む力などにおいて、とても天然の歯に近く、“第二の永久歯”とも言われている新しい治療法です。
歯が抜けた後の顎の骨に、人工歯根(インプラント材)のボルトを埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯をつけるという治療方法です。

「インプラント治療」は、歯医者さんならどこでも受けられるわけではありません。当院では治療の手順や方法、費用などについて、十分にわかりやすく説明し行っております。

詳しくはインプラント治療のページへ

料金についてはこちら

 

審美歯科

歯を美しくする事はもちろん、「歯の機能を回復させる」事を第一に考えています。ホワイトニングからオールセラミックなど、患者さんのご要望に幅広く対応しています。

詳しくは審美歯科のページへ

ホワイトニング

いままで歯を白くするには、歯を削ってプラスチックやセラミックでおおい、変色をかくす方法しかありませんでした。

そういった人工的な材料を使わずに、あなた自身の歯を白くする、従来の方法とはまったく違う発想の新しい治療法にブリーチングという方法があります。
ブリーチング剤の主成分は消毒剤としてよく使われている過酸化水素水です。副作用にも問題はありません。

料金についてはこちら

審美治療

審美歯科治療とは、「歯の機能を回復させる」「歯を美しく健康的にする事で、自信を回復させる」事です。
審美歯科治療は一般的に見栄えを良くする事や、単に歯を白くする事だと考えられがちですが、外見上見える部分などと違い口の中の噛む機能を回復させ、その上でさらに歯を美しく見せる事と当院は考えています。

料金についてはこちら

レーザー治療

レーザー治療により、無痛に近い状態で診察する事が可能です。

レーザーで可能な治療・・・

  • むし歯の治療・予防(歯の表面を強化します)
  • 口内炎・入れ歯の接触痛(痛みを和らげます)
  • 根管治療(歯の根っこ・神経の治療)
  • 止血(歯を抜いた後など無菌的に血を止めます)
  • 歯茎の黒ずみ(メラニン色素を飛ばします)
  • 知覚過敏症(冷たいものがしみる方)
  • 歯周病・歯槽膿漏の治療
  • レーザー麻酔(麻酔の頻度と量を減らします)
  • 顎関節症(顎の関節が痛む方)
  • その他(いろいろな治療に)

外科的処置 最先端技術「CGF」

CGFはインプラントや歯肉移植など、外科的処置をする際に多く使用します。
傷口の治癒に非常に効果的です。

まず患者さんから採血し、その採血した物を遠心分離機にかけます。
遠心分離機にかけることにより、血小板を取り出すことが出来ます。この血小板には成長因子が含まれているので、CGFを傷口に入れることにより傷の治りを早めてくれたり、インプラントの手術や口腔外科に関する手術の歯周組織再生を促進し、より早い治癒が期待できます。

Page Top